高久家住宅内にカフェ 桜川・真壁のひなまつり

茨城新聞
2016年2月29日

昨年4月にJR水戸線岩瀬駅近くにオープンしたカフェ「METRO(メトロ)」(桜川市岩瀬)が同市で開催中の「真壁のひなまつり 和の風第十四章」(~3月3日)に合わせて高久家住宅(同市真壁町真壁)内に出店し、温かいコーヒーや軽食を提供している。寒い中、訪れた観光客から「体が温まる」と喜ばれている。

同店を経営しているのは同市出身の勝村勇輝さん(32)。本業はデザイン関係で「地元の地域活性化に何か貢献できないか」と考え、空き店舗を活用してカフェを開業させた。都内でファッション関係などの仕事に就く一方、デザインを本格的に学び、現在は店舗デザインやロゴ、ホームページなどの仕事を手掛ける。

高久家住宅では火・木・土曜日に真壁地区にある「橋本珈琲」と交代で営業。住宅内に飾られたひな人形を見ながらストーブの前で飲食する観光客の姿が目立つ。期間中の営業は3月1、3日のみとなる。

勝村さんは「これほど多くの観光客が真壁のひなまつりに訪れるのにはとても驚く。岩瀬と真壁の両地区でともに協力し合っていければ」と話している。

地図

地図を開く 近くのニュース