高校生イチ押しの「足利ロケ地」巡ろう 3月にツアー、清風高生が提案

下野新聞
2016年2月24日

 【足利】市と市観光協会は3月19日、足利清風高生徒の提案による企画「足利ロケ地めぐりツアー」を初めて実施する。映画やミュージックビデオの撮影で使われた鑁阿寺(ばんなじ)や旧足利西高など4カ所を、市映像のまち推進課職員らが撮影の裏話などを交えながら案内する。市観光振興課は「若者の視点で面白い企画が出来上がった。ロケ地を巡りながら、足利の魅力に触れてもらえれば」としている。

 市民に企画提案してもらい、市が補助金を出す「市民力創出協働事業」の一環。同校が「市が進める映像のまち構想と、市内に多くあるカフェを合わせた地域活性化事業に取り組みたい」と提案した。

 メンバーは2年生8人。昨年10月ごろから準備を始め、市内の県立高5校の生徒約500人分のアンケート結果を基に、ツアーの企画や、ロケ地とカフェを紹介するマップ作りを行ってきた。マップはツアーまでに完成させ、ツアー参加者や、観光客らに配布する計画。

 市中心部の鑁阿寺ではアイドルグループAKB48、乃木坂48のミュージックビデオ、織姫(おりひめ)神社では映画「64」などの撮影が行われた。旧足利西高は、映画「君に届け」や、ドラマ「水球ヤンキース」など。ロケを支援してきた市職員が、撮影風景の写真を使いながら解説する。

 参加費は昼食代を含む1千円。定員20人(先着順)。(問)JTB関東両毛支店0284・70・0118。

地図 →

この付近の観光ニュース →