健やかな成長願い命吹き込む 佐野 ひな人形作り大詰め

下野新聞
2016年1月21日

 県内のひな人形の生産地として知られる佐野市で、人形作りが大詰めを迎えている。

 同市植下町の吉貞人形工房では、国の「現代の名工」に選ばれた吉田吉貞(よしだよしてい)さん(81)と哲也(てつや)さん(54)親子らが作業を行う。20日は、着物を着せた人形の腕を曲げ動きをつけた後、顔を入れ込み一つ一つ丁寧に完成させた。命を吹き込まれたかのような表情豊かで、色あでやかな人形が次々と工房に並んだ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース