口上にもユーモア、来賓も平伏 鹿沼・発光路の強飯式

下野新聞
2016年1月4日

 「発光路(ほっこうじ)の強飯式」が3日、鹿沼市上粕尾の発光路公民館で行われた。

 色鮮やかな衣装を身にまとった山伏と大きなわらだすきを体に巻いた強力(ごうりき)が同所の妙見神社の氏子や来賓らに「酒なら33杯、湯が5杯、強飯75膳がお定まり。1粒1菜の許しはないぞ」と大声を張り上げた。

 恒例の強力によるユーモアあふれる口上も見どころの一つ。佐藤信(さとうしん)市長に対しては「ことしは市長選があると聞いている。そのためにも上粕尾地区に力を入れるように」と迫り、見物客らの笑いを誘った。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース