宇都宮でしめ飾り販売 縁起物求め正月お迎え

下野新聞
2015年12月29日

 ことしも残すところあと3日。新年の玄関に飾るしめ飾りなどの販売が各地で始まり、年の瀬ムードが高まっている。

 宇都宮市上戸祭1丁目の天谷商店では28日、露店に大小さまざまなしめ飾りや輪締めなど12種類がずらりと並んだ。夕方、露店の裸電球がともると、照らされた色鮮やかなしめ飾りに引かれるように、通行人などが買い求めていた。

 天谷忠晃(あまがいただあき)社長(78)は「作る人も売る人も少なくなってきたが、毎年買ってくれる人がいる。縁起物だから扱い続けたいね」と意気込んでいた。販売は31日まで。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →