福寄せる熊手作り 常陸国総社宮

茨城新聞
2015年12月26日

 正月の縁起物・熊手作りが、石岡市総社の常陸国総社宮(石崎雅比古宮司)で進んでいる。小判やタイ、米俵など華やかな飾りのついた熊手にみこたちが丁寧にお札を差していた。
 熊手は物をかき寄せることから、福を寄せ商売繁盛につながるご利益があるとされる。同神社では20センチから1・8メートルまでの20種類を準備。年内いっぱいかけて5000本を作るという。
 禰宜(ねぎ)の石崎貴比古さん(37)は「今年は鬼怒川の水害などつらいこともあった。来年は良い年になってほしい」と願いを込めた。

地図 →

この付近の観光ニュース →