玉飾り作りが大詰め 佐野

下野新聞
2015年12月16日

 新年を前に、玄関などに飾る玉飾り作りが、佐野市葛生東1丁目の同市シルバー人材センター葛生連絡所で大詰めを迎えている。

 わらの香りが立ちこめる同所では、玉飾りをはじめ、門松やしめ飾りなど約1700個の正月飾りを制作。15日は同センター会員8人が、編み込まれたわらに紅白の幣束やダイダイなどの装飾品を手際よく付けていった。作業は今週いっぱい続き、12月下旬に発送予定。注文の受け付けは終了しているという。

 約20年間、正月飾り作りに携わる同市中町、農業新井良治(あらいりょうじ)さん(85)は「購入されたお客さまの家庭が円満で、1年間無病息災で過ごせるよう、思いを込め取り組んでいます」と話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →