400年大祭記念し、栃木県書道連盟が大揮毫 日光東照宮

下野新聞
2015年11月29日

 【日光】日光東照宮400年式年大祭を記念した県書道連盟による大揮毫(きごう)奉納が28日、観光客らでにぎわう日光東照宮の五重塔前野外特設ステージで行われた。

 来年設立70周年を迎える同連盟が50年に1度の式年大祭を記念して企画。日光東照宮が全国から書道、短歌、俳句、川柳、フォト俳句作品を公募し、同日客殿で始まった文墨奉納祭の入賞、入選の作品展(12月10日まで)に合わせた。

 関係者や観光客ら約500人が見守る中、徳川家康(とくがわいえやす)の遺徳をしのんで、「寿」や「神気降臨」「玉響松風」などを大筆で一気に書き上げると観客から歓声が上がった。

地図

地図を開く 近くのニュース