来年のえと「申」、染め抜き天日干し 大田原の藍染め店

下野新聞
2015年11月28日

 来年のえと「申(さる)」がデザインされた壁掛け作りが、大田原市黒羽向町の藍染め店「紺屋」でピークを迎えている。

 「黒羽藍染(あいぞめ)」は、県伝統工芸品に指定されている。えとの壁掛けは、同店が1973年から作り続けている看板商品。2010年からは8代目小沼雄大(おぬまゆうた)さん(30)が引き継ぎデザインしている。

 27日はよく晴れ、藍色に染め上がった生地を天日干しした。長さ75センチ、幅46センチほどの壁掛けになる。

 小沼さんは「縁起のよいデザインにした」と笑顔を見せた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →