晩秋の軒下彩る干し柿 那須・大畑地区

下野新聞
2015年11月12日

 【那須】福島県境に近い大畑、木材業菊地尚(きくちたかし)さん(78)方でことしも干し柿作りが進み、軒下につるされただいだい色の粒が日差しを浴びて輝いている。

 手むきした渋柿の「蜂屋柿(はちやがき)」をひもでつないで鍋で湯通し。その後、竹につるす作業を繰り返す。菊地さんは近くに住む知人などから柿を譲り受け、今週から妻良子(りょうこ)さん(77)と分担し作業を進めてきた。

 日差しにさらされた柿は水分が抜けると、表面は徐々に黒ずみを増し、約1カ月ほどで甘い干し柿ができるという。ことしは約2千個を乾燥させた。

地図 →

この付近の観光ニュース →