動物たちと門出祝う アルパカ、フクロウも登場 那須どうぶつ王国で初の結婚式

下野新聞
2015年11月5日

 那須町大島の那須どうぶつ王国で4日、犬やアルパカなどの動物に祝福されるシビルウエディング(市民結婚式)が行われた。結婚式などを企画する同町高久丙のりんどう湖ロイヤルホテルと同園が連携した初の取り組みで、秋晴れの下、動物たちと親族13人が新郎新婦の門出を祝った。

 挙式したのは埼玉県草加市、会社員桜井亮佑(さくらいりょうすけ)さん(30)と妻亜津沙(あづさ)さん(29)。これまでに同園を数回訪れ、「2人の思い出の場所で式を挙げたい」との思いから同ホテルに提案し、実現した。

 式では、結婚指輪交換時にゴールデンレトリバー「雫(しずく)」とヨウム「オリビア」が指輪の運び役を務め、感謝や幸福などの願いが込められたキャンドルの受け渡しにはフクロウやペンギン、アルパカなど計14種の動物が登場し、式を盛り上げた。桜井さん夫妻は「大好きな動物たちに囲まれた中で式を挙げられ、幸せです」と笑顔で話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →