《たかさき味酒乱》女性1人でも気軽に そば 滋雲

上毛新聞
2020年2月3日

 観音山の麓、静かな住宅街の一角に16年前、主人の斉藤厚志さん(52)が脱サラして念願のそば店をオープンした。「女性のお客さまが1人でも気楽に入店できるように」がコンセプトだ。

 白いのれんをくぐり扉を開けると心地よいジャズが流れ、白壁に木のテーブルがスッキリと落ち着いた雰囲気で迎えてくれる。座敷はなく、畳敷きでもすべて椅子席となっている。

 記載メニューはすべて税別で、もり・かけ(640円)上かも汁(1200円)かも(1400円)天ぷら(1400円)上天付(2200円)などの単品がそろう。

 中でも、旬の野菜天3品と小鉢3種がついたそばのランチメニュー(1280円)がお薦め。別注で、とろろ(100円)からみ(200円)えび天(500円)コーヒー(100円)とお好みで追加できる。コース料理を注文したり、各種宴会にも対応できるので要相談だ。

 「いらっしゃいませ」と明るく響くおもてなしの声に、子どもから大人まで幅広い年代の客が訪れている。店主の斉藤さんは「多くの人に愛される店になれば」と心を込めてきょうもそばを打つ。

 【データ】▽営業 火~日曜日 昼11時30分~14時30分 夜17時~20時30分▽定休 月曜日、第3火曜日▽客席26▽電話027-325-3356

「そば」でほかの記事を検索 「女性」でほかの記事を検索