赤と緑 好みはどっち? 伊香保で17日 投票イベント 東洋水産の人気即席麺

上毛新聞
2019年12月12日

 赤、緑、好みはどっち?―。渋川市の伊香保温泉石段街で17日、即席麺大手の東洋水産(東京都)の人気商品「赤いきつね」と「緑のたぬき」を食べ比べて投票するイベントが開かれる。

 イベントは、館林市に主力工場を持つ同社が各都道府県で実施している「赤緑合戦 全国食べ比べキャラバン」。先着200人に小カップの2種類を食べてもらい、好きな方に投票してもらう。話題性で伊香保温泉のPRにつながるとして、渋川市と渋川伊香保温泉観光協会も協力している。

 特設サイト(https://dotti.akamidori.jp/)では「陣取り合戦」と称して、投票による全国の勢力図を示している。イベント会場のほか、サイトからも投票できる。本県は4日現在、「赤いきつね」が優勢となっている。

 イベントは午前11時開始。石段街下の広場にキャラバンカーが登場する。参加は無料。

「赤いきつね」でほかの記事を検索 「緑のたぬき」でほかの記事を検索