《茨ぱん》茨ぱん(ibapan) 冷んやりメロンクリームパン アンソレイユ(阿見町)

茨城新聞
2018年7月29日

生地もクリームもほんのり緑色の「冷んやりメロンクリームパン」=写真左。同町の特産品「阿見グリーンメロン」のピューレを生クリームとカスタードのクリームに混ぜ込んだ。生地にもピューレを練り込んだ。「生地は冷やしても硬くならないように工夫した」と「アンソレイユ」店主の吉田進一さん。試行錯誤して作り上げたという。夏向けに、冷凍して半解凍すると「アイス感覚」でも楽しめる。同町商工会の「阿見グリーンメロンのスウィーツフェア2018」に参加。フェアは16日で終了したが、好評につき、同店では9月まで提供する予定。

具がたくさん入ったサンドイッチや角煮バーガー、コロッケパンなど調理パンも充実する。サンドイッチの具材は、香辛料を少しきかせた蒸し鶏(スパイシーチキン)とレタスやキュウリ・トマトのたっぷり野菜=同右手前、ハム・チーズ・卵とたっぷり野菜=同右奥=などボリュームがある。アジフライを挟んだサンドイッチは魚好きに人気。

祖父が吉田ベーカリーを創業。3代目の吉田さんは千葉県でパンや焼き菓子の修業をし、2008年に同店を開いた。店名はフランス語で「日だまり」の意味。店内はその名の通り明るい雰囲気で、老若男女に愛される。

阿見町阿見3962の10
日曜、第3水曜定休
営業時間は午前8時~午後6時
(電)029(887)0733

地図を開く 近くのニュース
「茨ぱん」でほかの記事を検索