日本料理店 2階に開店 銀座・ぐんまちゃん家

上毛新聞
2018年7月29日

銀座7丁目に移転した県のアンテナショップぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家(ち)」が25日、全面開業した。県産食材をふんだんに使った日本料理店「銀座つる」が2階にオープンし、6月12日に先行開業した1階の物販スペースとともに多くの人が訪れた。
記念式典で 大沢正明知事は「ぐんまちゃん家を通して群馬のファンが広がるよう、これまで以上に頑張る」とあいさつ。橋爪洋介県議会議長らとテープカットした。来場者に大沢知事がぐんまちゃんのオリジナルタオルを手渡し、歓迎した。
ぐんまちゃん家は大型商業施設「ギンザシックス」近くに移転。上州和牛や県産野菜といった食材から、しょうゆなど調味料まで県産にこだわったつるが開店し、全面開業した。
つるはランチが2千円から、ディナーコースが6千円から、単品料理は800円から楽しめる(税、サービス料別)。1階のドリンクカウンターでは地酒や川場産のブルーベリーを使った飲み物も提供する。
開業記念として27日まで県内宿泊券が当たる抽選会を開くほか、28日にだるまの絵付け体験と野菜市、29日は嬬恋高原キャベツの販売が行われる。

地図

地図を開く 近くのニュース