《上州百選 インスタ映え》わらイノシシ体長5メートル

上毛新聞
2018年6月7日

◎たくみの里

わらで作られた巨大なイノシシの親子が、みなかみ町須川の県道中之条湯河原線沿いの畑で「たくみの里」を訪れる観光客を迎える。
親は高さ約3・5メートル、体長約5メートル。30人ほどのボランティアが2カ月かけて作った。木や竹の骨組みに編み込んだわらをかけ、ゴムボールの目を埋め込んだ「わらシシ」は、今にも動きだしそうだ。
「道の駅たくみの里」を運営するみなかみ農村公園公社が「写真映えする物を」と初めて企画。わらシシは夏に撤去するが、年内に新たなオブジェを作る予定。(大橋周平)

【撮影ポイント】ISO125、250分の1秒、絞り16。大きさが分かるよう、記念撮影する 家族を 入れて シャッターを切った。

地図

地図を開く 近くのニュース