B2ロボッツ 地区V王手

茨城新聞
2018年5月6日

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)中地区首位の茨城ロボッツは5日、福島県いわき市立総合体育館で東地区2位の福島と対戦し、98-82で快勝した。クラブ新記録を更新する17連勝とし、初の地区優勝に王手をかけた。

ロボッツは開始20秒に平尾の速攻で先制し、その後も平尾、リカートを中心に得点を重ねた。前半無得点の真庭主将は後半に調子を上げて勝利に貢献した。

敵地にもかかわらず、観客の約半分がロボッツのファン。大声援で選手の背中を後押しした。岩下ヘッドコーチは「ホームのような中でできたのはすごく大きい」と話した。

ロボッツは6日午後1時半から、同会場で福島とリーグ最終戦を戦う。勝利するか、中地区2位のFE名古屋が敗れればロボッツの地区優勝が決まる。

■茨城ロボッツ・岡村SVC 持ち味が存分に出た
平尾、高橋の持ち味が存分に出た試合だった。前半は真庭が無得点だったが、ガード陣とリカートが点を決めてくれた。とにかく体を休めてあした(6日)に備えたい。

(いわき市立総合体育館、1222人)
茨城 38勝21敗 98-82 福島 37勝22敗
25-19
19-18
28-19
26-26

地図

地図を開く 近くのニュース