ブレックス2年連続CS進出 Bリーグ、WC2位が確定

下野新聞
2018年4月23日

 バスケットボールB1は22日、各地で8試合を行い、東地区5位のSR渋谷が67-71で同首位の千葉に敗れたため、この日試合がなかったBリーグ初代王者・栃木ブレックスの2年連続でのチャンピオンシップ(CS)進出が決まった。

 CSは8チームで争う。東、中、西地区の各上位2チームと、残り12チームのうちリーグ勝率が高い2チームがワイルドカード(WC)で進出する。ブレックスは22日現在、通算31勝24敗(勝率5割6分4厘)の東地区4位。残り5試合に全敗してもSR渋谷に勝率で上回るため、WC2位でのCS進出が確定した。

 CS準々決勝は5月11~14日のいずれか2日間、リーグ勝率が高いチームのホームで開かれる。2戦先勝方式で、1勝1敗で並んだ場合、第2戦終了後に前後半5分の第3戦を行う。詳細は未定。連覇を目指すブレックスは、各地区1位のうちリーグ勝率が最も高いチームと対戦する。

地図

地図を開く 近くのニュース