福袋求め にぎわう 水戸・京成百貨店

茨城新聞
2018年1月3日

水戸市泉町の京成百貨店で2日、新春恒例の「初売り」が始まった。今年は婦人服や雑貨、食品などの福袋約600種類計1万8500点が店内に並び、お目当ての福袋を買い求める人たちでにぎわった。販売は3日まで。

同店前には、1日午後11時半ごろから並び始め、開店前には約5350人が同店を囲むように長蛇の列ができた。予定を15分早めて2日午前9時15分に開店。西村寛・水戸京成百貨店会長らが出迎える中、福袋が並んだカートにすぐさま人だかりができ、複数の福袋を抱えて売り場を巡る人たちで混雑した。

同店によると、売れ筋の価格は1万円前後。昨秋、同店にオープンした化粧品ブランド「ロクシタン」のスキンケア商品の福袋をはじめ、ブランドタオルの福袋、関東鉄道運転体験やクルーザー乗船体験ができる権利など「体験型」の福袋も人気を集めた。

長男と訪れた城里町の60代女性は「2日午前3時から並んだ。どんな福袋があるのか楽しみ」と笑顔。ひたちなか市の主婦、大木奈津美さん(42)は「新年なので新しいものにしようと、タオルの福袋を五つ購入した」と話した。

店内では鏡開きや振る舞い酒などが行われ、新春の雰囲気に包まれた。斎藤貢社長は「景気回復効果もあり、福袋の販売は好調」と話した。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース