ねば~る君に続く LEDライト発売 イガラシ綜業

茨城新聞
2017年11月27日

総合設備業のイガラシ綜業(日立市幸町)は今月、人気キャラクターの納豆の妖精「ねば~る君」の友達、「うめねばちゃん」と「白ねば~る君」をかたどった小型の発光ダイオード(LED)安全ライトの販売を始めた。2015年に発売した、ねば~る君ライトに続く第2弾。

シリコン素材の本体が点滅し、夕方や夜道でも約100メートル先から視認できる。常時点灯に切り替えれば玄関の鍵穴など手元も照らせる。ねば~る君関連の公式グッズで、3種類とも1個800円(税別)。

五十嵐則夫社長は「子どものランドセルやバッグなどに付ければ、学校や学習塾の帰り道の交通事故防止に役立つ」と話した。

同社は、ねば~る君とうめねばちゃんのライトをセットにして茨城新聞の読者10人にプレゼントする。希望者は、はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒317-0063 日立市若葉町1の16の1 茨城新聞日立支社「LED安全ライト」係へ。12月9日消印有効。

「ねば~る君」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース