闇に浮かぶ世界の建物 日光、東武WSで恒例イルミ

下野新聞
2017年11月17日

 【日光】光の世界旅行へ-。テーマパーク「東武ワールドスクウェア」(鬼怒川温泉大原)で、園内のミニチュア展示物を発光ダイオード(LED)で幻想的に彩る恒例のイルミネーションが行われている。来年4月1日まで。

 イルミネーションには約140万個のLEDを使用。世界文化遺産登録の建築物など、実物の25分の1で精巧に再現した世界の有名建築物102点を、イルミネーションやスポットライトでライトアップしている。

 また、世界的に有名な台湾のフェスティバルで実際に使われた「台湾ランタン」も点灯。102メートルの光のトンネルや、虹色のトンネル、高さ10メートルのLEDのツリーなどもあり、来場者を楽しませている。

 東京都荒川区から両親と訪れた小学2年門倉実志耶(かどくらみしや)君(8)は「昼間も来て良かったけれど、夜もきれい。ヨーロッパのお城が好き」と笑顔を見せていた。

 点灯時間や開催日は時期によって異なる。イルミネーションの入園料は大人(中学生以上)1500円、子ども(4歳以上)1千円。いずれも500円の買い物券付き。(問)同園0288・77・1055。

「東武ワールドスクウェア」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース