床もみじ鮮やかに 宝徳寺

上毛新聞
2017年11月11日

紅葉で知られる桐生市川内町の宝徳寺(金子英宗住職)の「紅葉まつり」が、11日から始まる。鮮やかに色づいた100本以上の木々を眺めながらの「お寺カフェ」も味わえる。23日まで。
紅葉は今が見頃。本堂では、床に紅葉が映る「床もみじ」=写真=のほか、境内からは関東百名山の一つ、鳴神山の紅葉も楽しめる。
ひと足早く、初めて訪れたという館林市尾曳町の高橋春美さん(50)は「床もみじは美しく、寺の雰囲気も静かでいい」と感激していた。
午前9時~午後4時。問い合わせは同寺(0277・65・9165)へ。

 

【写真】本堂に紅葉が映る「床もみじ」に見入る拝観者

地図

地図を開く 近くのニュース