《上州百景(39)涼感》動物も涼みたい

上毛新聞
2017年8月30日

サファリパーク

暑い夏。屋外にいる動物園の主役たちは冷たいサービスを受けて楽しんでいる。群馬サファリパーク(富岡市)のゾウやラクダは飼育員から水をかけられて気持ち良さそう。ゾウは長い鼻を振り上げ、喜びをアピール。凍ったスイカをプレゼントされ、器用に鼻で口に運んでいた。
群れをなすサルは野菜や果物が入った大きな氷を手にし、満足そうな表情を浮かべる。サイやクマも池で水遊び。群馬の暑さは動物たちの古里にも負けない。まだまだ続く残暑。涼を得た動物たちは、今日も元気に来場者を出迎える。(山田浩之)

【撮影ポイント】動物との距離に応じて24ミリの広角から500ミリの超望遠レンズを使い分けた。動物の素早い動きも捉えられるよう、シャッタースピードに配慮した。

地図 →

この付近の観光ニュース →