夏向け銘仙味わって きょうから 試着用も50着 伊勢崎

上毛新聞
2017年8月29日

裏地がなく軽くて涼しい夏向けの伊勢崎銘仙を集めた「単衣( ひとえ )めいせん展」が26日、伊勢崎市曲輪町のいせさき明治館で始まる。昭和中期の併用絣(がすり)を中心に約30着を紹介する。9月24日まで。
1階に青色系の涼しい色合いの着物、2階に朱色やオレンジなど初秋を感じさせる着物を展示した=写真。展示品以外にも、服の上から羽織って着心地を体験できる着物を約50着用意している。
同館は「夏向けの中での季節感の違いや着心地の良さを感じてほしい」と話している。月・火曜休館(祝日除く)。入場無料。問い合わせは同館(☎0270・40・6885)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース