多彩な光、浮かぶコキア ひたち海浜公園

茨城新聞
2017年8月19日

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で18日、約3万2千本のコキアの夜間ライトアップが始まった。もこもこと丸いコキアがカラフルな光に照らされ、幻想的な雰囲気を醸し出している。27日まで。

秋には真っ赤に紅葉する人気のコキアを、新緑でも堪能してもらおうと企画された。今年で5回目。

同公園北東側にある「みはらしの丘」では、音楽に合わせ、赤や黄、緑の発光ダイオード(LED)にコキアが照らされた。光の組み合わせで多彩な色に染まるコキアを来場者が見て楽しんだ。

両親と共に訪れた同市、小学5年、野亦夏帆(なつほ)さん(11)は「緑色のコキアは初めて。音楽を流しながら照らされていて、きれいだった」と話した。

ライトアップは午後6~9時半(最終入園は同9時まで)。 

地図 →

この付近の観光ニュース →