氷上の華に喝采 日光アイスショー開幕 本田選手、荒川さんら出演

下野新聞
2017年8月6日

 下野新聞社創刊140周年プレイベントのアイスショー「プリンスアイスワールド2017 in NIKKO」が5日、日光市の日光霧降アイスアリーナで始まった。2公演に計約2800人が来場。トップスケーター9人とプリンスアイスワールドチームが、鮮やかな照明や音楽とともに華麗な演技を繰り広げた。

 トリノ五輪金メダリストの荒川静香(あらからしずか)さんのほか、安藤美姫(あんどうみき)さん、町田樹(まちだたつき)さん、本田真凜(ほんだまりん)選手、デニス・テン選手(カザフスタン)らがゲスト出演。本田選手は五輪シーズン用のショートプログラムを初披露し、ジャンプやスピンが決まるたび大きな拍手が湧き起こった。

 このアイスショーは1978年に始まり、日光公演は初めて。四季をテーマに氷上で桜や夏祭りなどが次々と表現された。

 初めてスケートのショーを見たという塩谷町船生、公務員伴瀬真麻(ばんせまあさ)さん(23)は「氷を削る音やスピード感など臨場感があって感動した。機会があったら、また見たい」と話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →