ウチワサボテン見頃 神栖

茨城新聞
2017年7月25日

県の天然記念物に指定されている神栖市太田のウチワサボテン群生地で、黄色い花が一斉に咲き始め、見頃を迎えている。

南米から北米南部が原産地のウチワサボテンは、平たいうちわ状の茎が特徴。海岸近く、広さ約300平方メートルの群生地に、茎を絡ませながら密生。毎年6、7月に、夏の訪れを告げるかのように黄色の花を咲かせ始め、8月中旬頃まで見頃が続く。

市などによると、いつごろから群生していたか不明だが、約100年は経過していると推測されるという。

潮来市から家族と見物に訪れた女性は「黄色い花がきれいでかわいい。立派なサボテンが長い年月を感じさせる」と話していた。 

地図 →

この付近の観光ニュース →