夏ワカサギ食卓へ 霞ケ浦・北浦で漁解禁

茨城新聞
2017年7月22日

霞ケ浦と北浦で21日、ワカサギ漁が解禁された。夏の漁は全国でも珍しく、身が柔らかいとされる。早朝、体を輝かせた多くのワカサギが水揚げされた。

行方市手賀の船だまりでは午前5時半ごろ、漁師たちが獲れたてのワカサギの入れたケースを次々とトラックに積み込んだ。霞ケ浦漁協水産研究会の伊藤一郎会長(51)は「夏ワカサギは脂がのって骨も柔らかくておいしい。天ぷらや煮干しで多くの人に食べてほしい」と笑顔を見せた。

県霞ケ浦北浦水産事務所によると、この日は199隻が出漁し、1隻当たりの平均漁獲量は霞ケ浦で43・2キロ、北浦で13・8キロだった。漁は12月31日まで続く。

22日は午前11時から、同市玉造甲の道の駅たまつくりで、新鮮なワカサギを販売する「わかさぎ解禁市」が開かれる。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →