首都圏へ紅葉と温泉 集中PR 那須塩原市観光局 JR大宮駅にポスター 新幹線車内誌にも

下野新聞
2015年9月28日

 【那須塩原】市内3観光協会が設立した任意団体「那須塩原市観光局」は、紅葉時季に合わせた首都圏向け「秋の集中プロモーション」を展開している。新幹線車内誌「トランヴェール」9月号に2ページ特集を初掲載したほか、JR大宮駅構内に温泉と紅葉の名所を紹介するポスター5種類を計10カ所掲示。外国人観光客向けのフリーペーパーや東京MXテレビの看板番組なども活用し、計1500万円を掛けて認知度向上の取り組みを強化した。

 同観光局は今夏、ファミリー層の誘客強化へ、サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」と連携した観光キャンペーンを初めて展開。今回は、それに続く集中プロモーションになる。

 「トランヴェール」は発行部数75万部に上り、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線全席に置かれている。さらに日本航空(JAL)機内誌にも同様の2ページ特集を掲載。羽田空港に乗り入れる京急電鉄全線の車両にも9月いっぱいポスターを掲示している。

地図

地図を開く 近くのニュース