エコな浴衣や帯100点 桐生織物記念館

上毛新聞
2017年7月7日

夏祭りシーズンを前に、企画展「地球に優しい、桐生織プレタの着物ゆかたと浴衣帯」が23日まで、桐生市永楽町の桐生織物記念館で開かれている。着物としても着られる浴衣や浴衣帯約100点が並んでいる。
遠伊織物(同市新宿、遠坂隆之社長)が出品している。化学繊維のキュプラを原料とした環境に優しいエコマーク認定繊維(再生繊維)を使い、抗菌防臭加工された浴衣をはじめ、ポリエステル製や麻入りで赤、ピンク、紫色などの浴衣帯がそろう。
身長が150センチ前後の人にも似合うSサイズの浴衣も並んでいる。
展示品は即売をしており、価格は浴衣が1万3千円から、帯は1300円から購入できる。
午前10時~午後5時。入場無料。問い合わせは同館(☎0277・43・7272)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース