タカミメロン舌鼓 八千代産、下妻で試食販売

茨城新聞
2017年6月19日

出荷のピークを迎えた八千代町特産「タカミメロン」の大試食販売会が18日、下妻市堀篭のイオンモール下妻で開かれ、多くの買い物客でにぎわった。

同町が主産地のタカミメロンは縦長の形状で、爽やかな甘さが特長。肉質はやや硬めで日持ち性に優れているという。

試食販売会には同町の大久保司町長、JA常総ひかりの塚本治男組合長も出席。「春の異常気象で心配されたが、生産者の努力でいい物ができた。甘くてジューシーな八千代のタカミメロンを味わってほしい」などとPRに務めた。

同町観光大使でタレントの山口めろんさんも参加し、メロンなどが当たる抽せん会を盛り上げた。

地図 →

この付近の観光ニュース →