中之条高、JAあがつま開発第3弾 しょうゆ漬けが人気

上毛新聞
2017年5月27日

中之条高(鎌田幸生校長)とJAあがつま(東吾妻町)が共同開発した「沢田の味 中高漬(なかこうづけ)」=写真=が人気となっている。生徒が栽培したキュウリをしょうゆ漬けにしており、ゴールデンウイークに同JA直売所で発売すると300袋が売り切れ、すぐに300袋を追加生産した。
昨年5月の「いちごジャム」、同11月の「トマトジュース」に続く同校と同JAの共同開発商品の第3弾。校名を商品名に入れた。生徒が育てたキュウリと地元産の行者ニンニクを1週間ほど2種類のしょうゆに漬ける。しゃきしゃきした歯応えとさっぱりした味わいが特徴となっている。
同校は、同JAと共同で漬物を生産するため、約1トンのキュウリを栽培している。漬物は売れ行きを見ながら追加で生産する。1袋100グラム入りで378円。

地図

地図を開く 近くのニュース