日浴び輝く氷柱 桐生 黒保根

上毛新聞
2017年1月21日

1年で最も寒いとされる二十四節気の「大寒」の20日を前に、桐生市黒保根町宿廻(しゅくめぐり)の温泉旅館「梨木館」近くに氷柱が現れ、カメラマンが自然の造形美を写真に収めている=写真。
深沢川沿いの崖からしみ出たわき水が凍りついた氷柱で、高さ約5メートル、幅は数十メートルに及ぶ。一面の銀世界の中、氷柱は日差しを浴びて輝き、水の滴る音が響いている。
市観光交流課によると、氷柱は3月中旬ごろまで見ることができるという。

地図

地図を開く 近くのニュース