現代アート楽しんで 開幕展は鬼頭さん 駅東口にギャラリー 高崎

上毛新聞
2017年1月17日

現代アートを専門に扱うギャラリー「rin art association」が15日、高崎市岩押町の高崎駅東口にオープンする。初回展示として同市のアーティスト、鬼頭健吾さん(39)の作品展が3月19日まで開かれる。
ギャラリーを運営するのは、洋菓子製造販売の原田(同市新町)内のギャラリーで多くの作品展を手掛けてきた同社の関連会社、「凛rin art association」(原田崇史社長)。1年ほど前から、多くの人に現代アートを楽しんでもらいたいと、街中に構える計画を進めていたという。
原田さんは「現代アートは難しいものではない。地元から良質な文化を発信していきたい」と話している。
1、2階に鬼頭さんのインスタレーションと絵画、3階に同社の所属アーティスト10人の作品を並べる。月、火曜休館。午前11時~午後7時。問い合わせは同ギャラリー(☎027・387・0195)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース