日本画と書で「モノ黒ーム」紹介 高崎市タワー美術館

上毛新聞
2017年1月10日

黒色に焦点をあてた作品展「モノ黒ーム 多彩な黒」が、高崎市の市タワー美術館で開かれている。黒色の中での色味の違いをはじめ、明暗や影などさまざまな表現に使われる黒の魅力を、日本画と書の計50点で紹介している。15日まで。
水墨の微妙な色味の違いを楽しめる掛け軸、夜の暗闇や雪の白さを表現するために黒が使われている日本画、にじみやぼかしなど墨の濃淡を生かした書作品などが並ぶ。
多胡碑記念館が所蔵する上野三碑(こうずけさんぴ)の拓本も展示され、来場者がじっくりと鑑賞している。
10日休館。問い合わせは同館(027・330・3773)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

消える2階建て 上越新幹線E4系、18年度以降 20年前、通勤客増に対応 北陸新幹線は「E2系」引退 31日最終運行

約170m
群馬

弾き語りに市民酔う 「くるり」岸田さんライブ 高崎のスタジオ「TAGO」

約710m
群馬

高崎映画祭・来月25日から 「見るべき59作品」 地元FC協力作品を特集

約780m
群馬

高崎アリーナ完成式典 「交流拠点の核に」

約900m
群馬

迫力満点の大相撲 アリーナに6800人 巡業でこけら落とし 高崎

約900m
群馬

《井伊氏と高崎安中(5)》高崎宿 直政に商都のルーツ 

約980m