日本画と書で「モノ黒ーム」紹介 高崎市タワー美術館

上毛新聞
2017年1月10日
0107%e9%ab%98%e5%b4%8e%e5%b8%82%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e3%80%80%e8%89%b2%e3%81%ae%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%82%92%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%81%99%e3%82%8b%e4%bd%9c%e5%93%81

黒色に焦点をあてた作品展「モノ黒ーム 多彩な黒」が、高崎市の市タワー美術館で開かれている。黒色の中での色味の違いをはじめ、明暗や影などさまざまな表現に使われる黒の魅力を、日本画と書の計50点で紹介している。15日まで。
水墨の微妙な色味の違いを楽しめる掛け軸、夜の暗闇や雪の白さを表現するために黒が使われている日本画、にじみやぼかしなど墨の濃淡を生かした書作品などが並ぶ。
多胡碑記念館が所蔵する上野三碑(こうずけさんぴ)の拓本も展示され、来場者がじっくりと鑑賞している。
10日休館。問い合わせは同館(027・330・3773)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

現代アート楽しんで 開幕展は鬼頭さん 駅東口にギャラリー 高崎

約170m
群馬

88店の食や工芸品 「群馬展」にぎわう 31日まで 高崎

約450m
群馬

洋ラン230鉢 甘い香り 高崎

約450m
群馬

高崎映画祭・来月25日から 「見るべき59作品」 地元FC協力作品を特集

約780m
群馬

勢関がファン交流 4月の高崎場所をPR トークショー

約900m
群馬

赤い流線形 美しく 高崎でスーパーカー展示

約920m