萩野選手らに歓声 宇都宮でリオ五輪・パラ祝賀パレード

下野新聞
2016年12月5日

 リオデジャネイロ五輪・パラリンピックで入賞以上の成績を収めた県勢選手の祝賀パレードが4日、宇都宮市役所と県庁を結ぶシンボルロードで行われ、約1万人(主催者発表)の観衆が沿道から祝福した。

 金を含む三つのメダルを獲得した競泳男子の萩野公介選手(小山市出身)、同女子400メートル個人メドレー8位入賞の清水咲子選手(大田原市出身)、車いすテニス男子ダブルス4位入賞の真田卓選手(那須塩原市出身)が参加した。

 3選手は午前10時20分、オープンカーに乗って市役所を出発。歓声に手を振るなどしながら、約30分かけて県庁までの約1・2キロをパレードした。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース