東武鬼怒川線、「ワールドスクウェア駅」を新設 2017年夏開業

下野新聞
2016年11月28日
41474

 東武鉄道(東京都墨田区、根津嘉澄(ねづよしずみ)社長)は25日、東武鬼怒川線の小佐越駅-鬼怒川温泉駅間に「東武ワールドスクウェア駅」を新設すると発表した。同社が同線でSL運行を復活させる2017年夏の開業を目指す。

 同社が県内で新駅を設置するのは1965年の宇都宮線おもちゃのまち駅以来。テーマパーク「東武ワールドスクウェア」へのアクセスを向上させ、集客を図ることが狙いだ。

 新駅は小佐越駅から0・68キロ、鬼怒川温泉駅から1・85キロ地点に設置する。同テーマパークへは小佐越駅から徒歩8分だが、新駅開設で徒歩1分に短縮される。具体的な運転計画は未定。同社の担当者は「日光・鬼怒川地区の観光地としての回遊性を高め、魅力ある観光ルートの構築を目指したい」と説明している。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

東武鬼怒川線の新駅「東武ワールドスクウェア」が7月22日に開業 リバティ、SL大樹も停車 日光

約80m
栃木

日光で氷上体育大会 市内児童330人が熱戦

約11km
栃木

新型特急「リバティ」お披露目 東武鉄道、4月運行

約11km
栃木

東武鬼怒川線SL「大樹」8月10日運転開始 下今市駅周辺機関庫新設へ

約11km
栃木
群馬

栃木・群馬・福島 3県観光地連携へ始動 歴史街道対流圏強化プロジェクト

約11km
栃木

冬に咲く花園 日光・ニコニコ本陣に冬牡丹室内庭園

約11km