五穀豊穣願い「梵天」空高く舞う 宇都宮・羽黒山神社でまつり

下野新聞
2016年11月24日

 五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を願う梵天(ぼんてん)祭が23日、宇都宮市今里町で始まった。同市上河内地区内の自治会などから集まった11本の梵天が、勢いよく街道を練り歩いた。

 同祭りは江戸時代から続く伝統行事。竹を継いだ約15メートルの竹ざおにカラフルな房を付けた梵天を、法被姿の若者たちが担いだ。担ぎ手の「ホイサ、ホイサ」という掛け声に合わせ、梵天が空高く振り上げられると見物客らは歓声を上げた。露店が並ぶ狭い通りをかき分けて進んだ梵天は、羽黒山神社に続く険しい参道を上り、奉納された。

 カメラ3台を携え、祭りを撮影していた大田原市下石上、無職西谷善盛(にしたにぜんせい)さん(73)は「20年以上ぶりに来た。鮮やかな梵天は、とても迫力があった」と感動していた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース