地元食材使い大判焼き 道の駅に23日オープン 大田原

下野新聞
2016年11月23日
cnts2016111601375_image2

 【大田原】地元食材を使った大判焼きなどの販売店「大判焼き与(よっ)ちゃん」が23日、南金丸の道の駅那須与一の郷内にオープンする。

 目玉商品は、市特産のトウガラシ「栃木三鷹」の粉末を練り込んだ生地で地元産のネギやゴボウなどの野菜、春雨を挟んだ「中華風大判焼き」(税込み110円)。ピリッとした辛みのある生地とまろやかな味の具材がマッチしている。大判焼きはあんこやお好み焼きなども含め計7種。市のキャラクター「与一くん」の焼き印が特徴だ。

 午前9時半~午後4時。月曜定休。(問)同道の駅0287・23・8641。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

江戸屋敷、津軽藩とお隣さん? 大田原「那須家の雛人形」展で絵図初公開

約140m
栃木

ザゼンソウ群生地、公開先立ち保全活動 大田原

約1.2km
栃木

落ち葉の中、春を待つ僧 大田原でザゼンソウ開花

約1.9km
栃木

大田原で王将戦第3局始まる 挑戦者・久保九段が44手目封じる、2日決着へ

約2.8km
栃木

中学生が火矢で点火、黒羽でどんと祭 大田原

約2.8km
栃木

仕事始めに安全祈願 建設業者が太子祭

約5.3km