竹切り出しに汗 笠間

茨城新聞
2016年11月22日
161121kasama

笠間市岩間地区の竹林で、籠などの材料となる竹の切り出しが行われ、竹細工職人らが作業に汗を流した。

竹材は竹の成長が止まり、水分が少なくなる秋口から冬にかけての伐採が良いとされ、軽くて丈夫な材質が得られる。職人らはのこぎりで根元から切り倒し、なたで手際よく枝を払っていった。

竹細工職人の鈴木繁さん(82)は「1年分を切り出した。弾力があり加工しやすい竹が取れた」と満足げ。竹細工の加工品は地元の雑貨店などに並ぶ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

笠間の魅力、一丸でPR 観光大使、新たに2人

約5.9km
茨城

女子向け日帰り旅提案 笠間市6コース

約6km
茨城

細部にこだわり陶びな 笠間、「桃宴」24日開幕

約9.9km
茨城

笠間市商工会、割引グルメ冊子発売 第2弾、掲載店を拡充

約11km
茨城

息合わせ最長72.1メートル 笠間、そばいなり寿司完成

約12km
茨城

花粉症緩和する「すごい納豆」 免疫力向上 たれに乳酸菌

約15km