《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(14)旧琴平トンネル》高さ

上毛新聞
2016年11月17日
ip161110jom000130000_00

わたらせ渓谷鉄道神戸駅の北にある旧琴平トンネルは、国鉄足尾線時代の1973(昭和48)年、草木ダムの建設に伴う線路の付け替えで約60年の役目を終えた。現在、線路は撤去され遊歩道が整備されている。
足尾鉄道開通により12(大正元)年に造られた。廃線区間のため、当時の土木技術を間近に見られる。トンネル北側口には、高さ約30メートルもの石積みが残る。少し離れて見ないと、視野に入りきらないほどの高さだ。
石積みを見た足利工業大の福島二朗准教授(61)=土木史=は「あの規模をすぐそばで見られるのは珍しい」と話す。渡良瀬川沿いの断崖を支えるのが目的で「人命や輸送の安全のため、万全の強化をせざるを得なかったのだろう」と指摘する。トンネルや橋に付属した構造物にも注目してほしいとしている。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(8)神戸駅》足尾鉄道の面影残す

約680m
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(9)神戸駅危険品庫》融雪灯の燃料を保管

約690m
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(15)小中川橋梁》木の葉型で水の抵抗減

約1.3km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(17)坂東カーブ》きつさが生む“特等席”

約7km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(6)沢入駅待合所》郷愁誘う昭和の建物

約7km
群馬

《土木遺産の路線 わ鉄を巡る(16)古路瀬渓谷》沿線屈指 紅葉の名所

約8.7km