2年ぶり 「酉の市」 常総、熊手に復興祈念

茨城新聞
2016年11月12日

常総市水海道淵頭町の淵頭鷲神社で11日、年の瀬を控えた風物詩「酉(とり)の市」が開かれた。昨年は同市を襲った水害で中止となり、開催は2年ぶり。境内は福をかき込む縁起物の熊手を買い求める人々でにぎわった。

同神社世話人会によると、酉の市は60年ほど前に始まり、毎年約1200本の熊手が売れる。値段は1500~2万5千円で、今年は全ての熊手に「復興祈念」のシールが張られた。

熊手を購入した同市本石下の水道設備業、斎藤正三さん(71)は「水害では自宅が床上60センチの浸水被害に遭い、車5台も水没した。熊手に商売繁盛の願いを掛け、福を呼び込みたい」と話した。 

地図

地図を開く 近くのニュース