水戸まつり切手、日本郵便が販売 8市町村の92局

茨城新聞
2016年11月10日
161109kitte

水戸の梅まつりや水戸黄門まつりなどをデザインしたオリジナルフレーム切手「水戸のまつり歳時記」の販売が始まり、日本郵便関東支社茨城中部地区連絡会の岡田裕昭統括局長らが高橋靖市長を表敬訪問し、同フレーム切手を贈呈した。

1シート1300円で、82円切手10枚で構成。切手には梅まつりや黄門まつりに加え、菊花展や萩まつりなど、年間を通し水戸市内で繰り広げられる四季折々の催しをあしらった。販売部数は1570シートで、同市やひたちなか、笠間市など8市町村の計92局で取り扱っている。

贈呈は岡田統括局長のほか、小松直之、米川克明両副統括局長が水戸市中央の市役所臨時庁舎を訪れ、高橋市長に切手を手渡した。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

恩田さんの世界知って 水戸・県立図書館、作品など特別展示

約150m
茨城

商店街、日替わり入居 組合が飲食店運営支援、水戸

約340m
茨城

水戸ご当地アイドル(仮)写真展 振り袖姿146点

約400m
茨城

大手門復元、来春にも着工 水戸市、歴史景観のまちへ

約450m
茨城

春の臨時列車、直通など138本 JR水戸支社

約570m
茨城

水戸オーパ、3月18日開業 駅南商業ビル

約620m