からあげGP受賞2店監修 「南蛮」「塩」の弁当 セーブオン全店で販売

上毛新聞
2016年11月7日
11060

コンビニエンスストアのセーブオン(前橋市亀里町、平田実社長)は、第7回からあげグランプリ(日本唐揚協会主催)で最高金賞と金賞を獲得した県内の飲食店2店が監修した弁当2種類を発売した。
「チキン南蛮弁当」は、チキン南蛮部門で最高金賞を受賞した「一食入魂食堂分けかぶら屋iSuu(イスウ)」(高崎市飯塚町)が監修した。かつお節と昆布エキスの南蛮だれに、隠し味にがりを加えたタルタルソースが特徴。
塩ダレ部門金賞の「ろしなん亭」(安中市安中)が監修した「塩からあげ弁当」は、オイスターエキスをベースにショウガ、ニンニクの特製だれに漬け込んだ。
いずれも498円。セーブオン全店で販売している。

 

【写真】イスウ監修のチキン南蛮弁当(上)、ろしなん亭監修の塩からあげ弁当(下)