どまんなかたぬまでイルミネーション LED10万個、来年2月末まで 佐野

下野新聞
2016年11月4日

 【佐野】吉水町の道の駅「どまんなかたぬま」で3日、恒例の「ガーデンイルミネーション」が始まり、点灯式が行われた。来年2月末まで。

 今年で開業15周年を迎える同道の駅は、開業翌年からイルミネーションを行い、毎年約10万個の発光ダイオード(LED)を設置して、多くの人を楽しませている。

 今年は初めて10万個以上のLEDを各所に設置。メインとなるイタリアンガーデンを中心に、噴水広場などにも配置し、例年以上の輝きを放つ豪華なイルミネーションとなった。

写真

10万個以上のLEDが夜を照らすイルミネーション

地図

地図を開く 近くのニュース