「ロードレースの聖地」へ案内板常設 宇都宮市

下野新聞
2016年10月20日

【宇都宮】国際的な自転車競技大会「ジャパンカップサイクルロードレース」の開催が間近に迫る中、市は19日までに、会場となる市森林公園までの距離を案内する看板を市内15カ所に設置した。さらに、同公園の路面には大会のコースを示す道路標示をペイントした。サイクリングを楽しむ来訪者などに「ロードレースの聖地・宇都宮」を実感してもらうことが狙いだ。

 25回の節目を迎えるジャパンカップは22、23日の日程で開催される。国際自転車競技連合(UCI)が最上級カテゴリーに認定し、世界トップレベルのチームが参戦。観戦者数も毎年増加している。

 だがこれまで、ジャパンカップの案内板は街なかに常設されていなかった。そこで、会場までのルートを分かりやすく示し、恒常的な誘客を促進することを決めた。

 玄関口のJR宇都宮駅西口のペデストリアンデッキに設置された大型の案内板は「ジャパンカップコースまで13・1キロ」と表示。ジャパンカップの説明や、大会会場までの案内図も示した。主要交差点には、会場までの距離を示す長細い案内板などを設置。これをたどれば、迷わずにたどり着くことができるようにした。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

列車の中はカクテルの街 JR東、新宿から初運行

すぐ近く
栃木

栃木の銘品勢ぞろい 宇都宮駅ビルに新店舗 丹波屋

すぐ近く
栃木

売り込め栃木の魅力 とちぎDC 販促会議に国内外700人宇都宮

約50m
栃木

“春”満開、和の催し満喫 宇都宮城址公園で桜まつり

約1.3km
栃木

とちぎ和牛せんべい発売 県内24道の駅、共通商品化

約1.6km
栃木

宇都宮で開花宣言 見頃は週末

約3.1km