デキ乗車を楽しむ 上信電鉄が感謝フェア 高崎

上毛新聞
2016年10月19日

ㅤ上信電鉄の感謝フェアが16日、高崎市鶴見町の同社本社で開かれた。電気機関車デキの乗車体験や車両検修場見学といった多彩な企画が行われ、親子連れや鉄道ファンでにぎわった。
ㅤデキは1924年にドイツから購入し、現在はイベント列車などとして運行されている。この日は運転室に同乗して数十メートルを往復する乗車体験のほか、高崎―上州富岡駅間を1往復する臨時列車も運行された。
ㅤ運転シミュレーターのコーナーでは、子どもたちが真剣な表情で運転台の前に座り、沿線の映像を見ながら加速、停止していた。
ㅤ吉井高書道部の書道パフォーマンスや、野球の独立リーグ日本一に輝いた群馬ダイヤモンドペガサスの選手によるストラックアウトなども行われ、イベントを盛り上げた。

地図

地図を開く 近くのニュース