技能五輪「アビリンピック」出場選手など紹介 栃木県庁舎 パネル・作品展始まる

下野新聞
2016年10月14日
cnts2016101300897_baseimage_r

 来年11月に開催される「とちぎ技能五輪・アビリンピック2017」の400日前となった13日、県は本庁舎15階で技能五輪・アビリンピック展を始めた。今年の山形大会が始まる21日まで、同大会に出場する選手の紹介パネルや作品見本などを展示している。

 本県初開催を来秋に控え、機運を高めるのが狙い。山形大会には本県から、23歳以下が競う技能五輪に50人、15歳以上の障害者を対象としたアビリンピックに18人がそれぞれ出場する。選手1人ずつを紹介するパネルに写真と談話を掲載。美容や旋盤など技能五輪の作品見本も展示した。

 このほか1階ロビーにある県のマスコットキャラクター「とちまるくん」は、ニッカボッカ姿に衣替えした。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

ブランド力向上動画発信 県、27日に特化サイト開設

すぐ近く
栃木

笑顔の一年願い込め 県内寺社、初詣にぎわう

約470m
栃木

無病息災願い春渡祭 宇都宮二荒山神社

約480m
栃木

感謝とねぎらい針供養 宇都宮二荒山神社

約550m
栃木

大技次々、観衆を魅了 宇都宮市消防出初め式

約620m
栃木

高校生が考案「しもつかれコロッケ」 2月のイベントで限定販売

約790m