《ぱれっと》カボチャのスイーツ

上毛新聞
2016年10月12日
ip161001jom000235000_00

ホクホクとした食感と優しい甘さが魅力のカボチャ。煮物などにしてもおいしいが、焼き菓子やプリンといったスイーツも人気だ。この季節ならではの「かぼちゃスイーツ」を集めた。

前橋・伊勢崎
◆コートドール(10~19時、前橋市・フランス菓子ペッシェミニョン=☎027・283・0475)370円、日・月曜休み
秋の定番商品。オーブンで蒸し焼きにし、黒糖とシナモンをまぶした北海道産カボチャを使ったタルト=写真。表面にはクルミやアーモンド、ココナツなどの木の実がたっぷり。自然の甘みが優しく、カボチャのホクホク感とナッツの香ばしさで食感も楽しい。販売は11月下旬まで。
◆かぼちゃのシフォンケーキ(11~19時、前橋市・パティスリー・コショネ=☎027・289・5340)350円、水曜休み
カボチャのペーストをたっぷりと練り込んで焼き上げ、カボチャ入りの生クリームでデコレーション、さらに秋の味覚をトッピング=写真。しっとりとした口当たりとほのかな甘さが後を引く。今月末までの限定販売。ケーキの予約状況により店舗を開けない時もあるため、来店の際は確認を。
◆パンプキンプリンデザート(9~19時、玉村町・洋菓子物語まほろば=☎0270・64・0087)1300円、木曜・第3水曜休み
今年の新顔。ふんわりとしたチョコの生地でキイチゴと生クリームを包んだロールケーキに、直径12センチのカボチャのプリンをのせ、キイチゴと生クリーム、ホワイトチョコでデコレーションした=写真。見た目も華やかなデザート。濃厚なプリンとキイチゴの酸味がマッチしている。11月下旬までの限定販売。
◆まるごとカボチャプリン(10~19時、伊勢崎市・洋菓子工房かとるかーる=☎0270・23・3120)1000円から、1きれ300円、月曜・第2火曜休み
くりぬいたカボチャにプリン液を流し込み、丸ごと蒸し焼きにした秋の定番商品=写真。生産者に会い納得のいく素材を仕入れるというオーナーパティシエの相川泰弘さん。しっとりした食感に糖度の高い下仁田産ぼっちゃんカボチャを使用。カボチャ本来の甘みがプリンの優しい味を引き立てる。北海道産生クリームを使った自家製キャラメルソースをかければ二度楽しめる。販売は11月下旬まで。

高 崎
◆かぼちゃのチーズタルト(10~19時、おかしのアトリエHONEY=☎027・329・5693)380円、日曜休み
クリーミーなチーズの後にほんのりとしたカボチャの甘さが広がる秋のタルト=写真。ミルクと相性のいいカボチャはクリームチーズともベストマッチ。サクッとしたタルト生地で、いろいろな食感を味わえる。高崎IC近くの住宅街の一画で、夫婦で営む洋菓子店。
◆カボチャのジェラート(10~18時、みるく工房タンポポ=☎027・310・3011)シングル300円、ダブル400円
長坂牧場の絞りたて生乳100%のジェラートに、カボチャペーストを練りこんだ季節限定商品=写真。フレッシュなカボチャを蒸かし、裏ごした手作りのカボチャペーストは、カボチャの味が濃厚で食べごたえがある。カップかコーンを選べる。牧場店のみ販売で、なくなり次第終了。

西北毛
◆草間弥生のイメージケーキ「ミラールーム(かぼちゃ)」(土・日曜の10時~16時半、渋川市・ハラミュージアムアークカフェダール=☎0279・24・6585)650円
草間弥生の作品「ミラーボール(かぼちゃ)」のオリジナルインスタレーション完成とともに登場したイメージケーキ=写真。カボチャをふんだんに使った黄色いムースの周りに、バニラエッセンスが香るアングレーズソースを敷き、チョコレートで黒い水玉模様を描いた。
◆かぼちゃのモンブラン(10~20時、藤岡市・パティスリーF=☎0274・25・8982)390円、火曜休み
スイートチョコレートを巻き込んだロールケーキに、自家製カスタードクリームをのせる。さらに旬の国産カボチャのペーストと北海道の生クリームを使ったパンプキンクリームを絞った四角い季節のモンブラン=写真。11月末まで販売予定。

東 毛
◆カボチャのマカロン(10~20時、桐生市・モンシェリー=☎0277・52・2244)151円、火曜休み
フランスに本店があり、日本にマカロンブームを起こした東京・神宮前の「ピエール・エルメ パリ」で修業した岩崎卓也さんが創作したカボチャの形をしたマカロン=写真。ホワイトチョコレートにカボチャのペーストを合わせ、ショウガとナツメグを入れたクリームは甘さ控えめでスープのような味わい。31日まで(売り切れ次第終了)。
◆かぼちゃモンブラン(10時~19時半、太田市・お菓子工房ル・クレール=☎0276・31・8350)370円、水曜・第2または第3火曜休み
ハロウィーンで登場する西洋の妖怪「ジャック・オー・ランタン」をイメージ。タルト生地にシロップ漬けしたカットカボチャと生クリームをのせ、さらにカボチャクリームで包み込んだモンブラン=写真。ホクホクとした栗カボチャとシナモンの入ったクリームが絶妙なバランス。