「真知子巻き」再び 改良4色、ストール復刻 桐生・松井ニット

上毛新聞
2016年10月11日
ip161004jom000144000_00

ニット製品製造の松井ニット技研(桐生市本町、松井智司社長)は、戦後に大流行した「真知子巻き」のストールを復刻し、発売した。当時の繊細な編み方や優しい雰囲気を再現しつつ、時代に合わせて大きさを改良、4色を展開する。

真知子巻きは、1953年の大ヒット映画「君の名は」で、女優の岸恵子さん演じるヒロイン、真知子がストールを頭からかぶるようにして巻いたスタイル。多くの女性がその巻き方をまね、大ブームとなった。同社をはじめ、ニット業界は真知子巻き用のストール需要で潤った。
当時10代だった松井社長は、家業をよく手伝っていて自社製のストールを覚えており、記憶と社内に残っていた切れ端を頼りに再現を図った。
完成した「毛混真知子巻きストール」は、当時と同様、七宝つなぎのような日本風の編み目で繊細な仕上がり。当時と同じふっくらとしたウールがなかったため、ウールとアルパカの混紡を採用して柔らかく優しい雰囲気を出した。
松井社長の記憶では、当時は白の単色のみだったが、今回はグレー、エメラルド、藤色、ピンクの4色を展開。それぞれ単色に見えるが、濃淡2色を使っている。サイズは幅約44センチ、長さ約2メートルと当時よりやや大きくし、真知子巻きだけでなく、現代風に首にも巻けるようにした。7500円(税別)。
松井社長は「昭和のノスタルジックで優しい雰囲気を再現したかった。50代、60代以上の女性に限らず、今の若い人たちにも楽しんでほしい」と話している。
同社ホームページやJR東京駅地下1階グランスタなどにある「日本百貨店」で購入できる。問い合わせは同社(☎0277・46・4183)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

織都の文化 再認識 かかあ天下―ぐんまの絹物語―in桐生

約300m
群馬

着物姿で街を散策 両毛線沿線観光ツアー 桐生

約360m
群馬

繁盛、安全願い行列 桐生西宮神社

約940m
群馬

コーヒー和菓子コンテストで桐生「留庵」 蒸しどら 金賞 

約2.6km
群馬

明るく染まる300本の紅葉 桐生・崇禅寺

約4km
群馬

弓棚式高機 復元へ 桐生・彦部家住宅 21、22日に一般公開

約5.1km